efoを導入

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

企業のサイトの入力フォームが親切になっていることに、お気づきではないでしょうか。「efo」というシステムの導入が進んでおり、多くの企業が積極的に自社のサイトに利用し始めています。efoとは「entryのe」、「formのf」、「optimizationのo」の頭文字を取った略語です。「エントリーフォーム最適化」という意味があります

efoインターネット上にある多くのサイトの中から選んでもらうためには、ユーザーにサイトを宣伝する必要があります。しかし、サイトを訪問したからといってユーザーが、サービスを利用するとは限りません。efoは、サービスの利用を確実にするために導入される、エントリーフォーム最適化のシステムです。

efoは、サイトからの「離脱率」を減らすために導入されます。離脱率というのは、ユーザーの途中離脱を指します。efoがわかりやすいエラーメッセージを送ることで、ユーザーはサイトのサービスを利用することができるようになります。

efoを導入して得られるメリットには、ユーザーの途中離脱を防ぐほかに、入力をスムーズに行えるようにするという役目があります。入力の案内が不十分だと、ユーザーは入力に失敗することがあるようです。入力のわかりにくいサイトで、商品を購入しようと思わないのではないでしょうか。ショッピングサイトなどは入力項目がたくさんあり、複雑ですからより手軽に入力できるようにする必要があるでしょう。